日焼け直後の美白ケアは実は間違っているんですよ!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

美白して透明感溢れる美肌になりたい、というのは、女性の多くが抱く願いですよね。

そして、そんな美白を叶えてくれるコスメが多数登場してきています。

そういった美白ケアができるコスメを使いたくなるタイミングと言えば、やはり「うっかり日焼け」をしてしまった後ではないでしょうか?

普段は紫外線ケアに気を遣っていても、思わぬ長時間の外出になってしまった場合や、天気が悪いからと油断していたら、屋外で過ごしている時に天気が良くなり、紫外線をまともに浴びてしまったということがありますよね。

こういったうっかり日焼けをした際には、日焼けした部位が真っ赤になって火照ってしまったりします。

この状態の時に、慌てて美白コスメを使用するのは、実は間違ったケアなのです。

美白に有効とされる成分の中には、お肌にとって刺激や負担となるものが少なくありません。

これを、日焼け直後の「軽く火傷を負ったような状態」のお肌に使用することで、多大なダメージを与えてしまう可能性があります。

では、一体どうやって、日焼け直後のお肌をケアすれば良いのでしょうか?

これに関しては、まず最初に行わなければならないのが、冷やすという対処法です。

火傷は冷やして症状を落ち着かせるのが基本です。

保冷材や冷たいお絞り、あるいは広範囲なら冷水のシャワーを浴びるなどして、火照りと赤みを抑えていきましょう。

そうして火照り、赤みが鎮静化したところで、低刺激なローションで保湿を行います。

日焼け後のお肌は乾燥しやすい状態になっていますので、ここでしっかり潤いを補給することが必要不可欠です。

このようなケアを行い、肌状態が完全に落ち着いたところで、はじめて美白コスメを使用できるのです。

軽い火傷状態である日焼け直後のお肌には、間違えたケアは禁物です!

あまりにもひどい状態の時には、自己判断するのではなく、まずは皮膚科を受診して治療を受けることも大切ですね。

日焼けは、それだけ「甘く見てはいけない症状」であるということです。